あきらめない子供を育てる達人のいる体操クラブ

幼児期の二つのタイプ

見えてきたもの

幼児期(2才~3才)になると、はっきりとした違いがあらわれる

たとえば

① ハラハラするほど、大胆な子供さん

一見、運動能力は高そうに見えますが、

よく観察すると、それほどうまく身体を使えていない。

一方で、、、、、

② 何をやるにもやたら慎重なお子さん

慎重すぎて危なっかしいです。

このお子さんは、

体をコントロールできないというよりも、

心をコントロールできていないのですね。

いずれにせよ、

どちらのお子さんも心と身体をコントロールできていません!!

であるなら、

あなたのお子さんには多様な運動が絶対に必要だとは思いませんんか?

さすがに

あなたも

お子さんが、家に閉じこもりがちなのは

できるだけ避けたいと思うのではないでしょうか?

そんななかで、

僕が一押しするのが、

昔からある器械運動です。

入門コースへご案内いたします?

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

器械運動 逆上がり バク転 タンブリング