「開脚とび」をマスターするための練習ステップは多いほうが良い。

こういう台を制作して使うアイデアもあります。

まず運動そのものをマスターしてから木製のとび箱に移行する。

そういう考えも採用してみて下さい。

「開脚前転」の例

下のビデをを参照して下さい。

前のページ

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

マット運動優先方式,体操クラブ,コドモ体育塾,エムトップクラブ,