あきらめない子供を育てる達人のいる体操クラブ

見えてきたもの

FrontPage

a:134 t:1 y:0

子供に器械運動を教えていて、最近、気になる事

それは、現代の子どもたちは、

まず、かなり①運動感覚が欠如しているのではないか?ということです。

これには、はっきりと、運動不足があげられると思います。

これは、いくら強調しても、強調しすぎることはありません。

昭和時代と平成(もうすぐ終わりますが)の違いは、座り方の激変があると思います。

それは、、、、、

  •  正座をしなくなったこと。

学校体育のシーンでは、

例の体育すわり(おやますわり、三角すわりとも言う)が主流ですが、

この座り方は、個人的には問題が多いと日々感じています。

この問題は、別のページで分析してみたいと思います。

現代のご家庭では、西洋様式のリビング・ダイニングが普及してしまったので、

通常、椅子の上での生活になると思います。

正座は、よほどのことがない限り、

駆逐されたのではないでしょうか?

運動感覚の欠如と正座の消滅

なにか関連があるのでしょうか?

ぼくは、大いにあると見ています。

僕の子供時代は、昭和30年代。「三丁目の写真館」で描かれている暮らしです。

ちゃぶ台やみかん箱の上で勉強というスタイルが庶民の主流でしょ。

とにかく椅子や机がなかった。(比較的裕福な家庭の子供は別にして)

だから、よく勉強のできるやつは、比較的裕福な子供だった。

ご飯を食べたり、勉強しようとしたら、畳の上で寝転んでするか、適当な台を見つけて、正座しながらするか、です。

この正座、やってみるとよくわかるのですが、

日本人が大切にしてきた文化の一つの凄さが、しみじみわかります。

足が痛い、なんて、すぐに根をあげないで、

ぜひ、トライしてみてくださいね。

まず、呼吸。深い呼吸が可能。そして、リラックス効果。

背骨、骨盤が立つ。

僕が注目するのはココ。

骨盤が立つ!!!

 現代の子供の多くは、骨盤が外側に倒れている。

これがそうとう問題。

なにが問題か?

これはまた明日書きます。

このあとのテーマは

  •  ②肥満
  •  ③虚弱な身体

の予定です。

本日はここまで。

ばいちゃ!! チャオ! 

体験レッスンを申し込む

 体操とは、身体をコントロールすること

あなたのお子さんが、

しっかりした指導経験を積んだ指導者のもとで、

安全に楽しく器械運動を学ぶことができるとしたら?

どんなふうにお子さんはかわるでしょうか?

想像してみてください!

このサイトでは、子供の変身の様子をできる限りお伝えしていこうと思います。

期待してくださいね。

何歳ぐらいから始めるのが良いでしょうか?

私たちの答えは・・・・

子供がやりたくなったときが一番最適な時期だと思います。

お子さんが、小1~小4で「体操競技」に興味をお持ちなら、

今のこの機会を逃さないようにしてあげて下さい。

やりたいこともできないまま中学生になるのは寂しいですからね。

一般的な答えは「早ければ早いほうが良い」ですが・・・・。

[添付]

早すぎるというのもどうなんでしょうか?

逆に小学4年ぐらいになると例外を除いて

体操競技という観点からからは、

「遅すぎる」という理由で

断わる体操クラブがほとんどになるはずです。

 体操競技をはじめるのに「12歳からでは遅い」のか?

結論からいいますね。

You’re never too old to start learning, and you’re never too young to aim high and achieve great things.

12才から始めてもけっして遅くはありません!

体操の技のスキルを習得するためには、

早めのほうが有利だともよくいわれます。

もっともな意見ではありますが

落とし穴もあります。

幼児や小学生低学年でも身体がガチガチに固い場合や

必要な筋力もまったく無い場合がほとんどです。

この身体条件下ではよほどのことが無い限り(意志や夢のちからを伴わなければ)

必ず大きな壁の前に夢を「あきらめる」確立が高くなります。

体操競技は、次々に訪れる壁を乗り越えていくスポーツ

なので「諦める」人が多くなる傾向があります。

トップレベルの選手は決して諦めなかった人たちだ」ということがわかります。

ですから、年齢的に遅いとあなたが決めたのなら、

その決断も大切ですので、やらなければ良いだけですが、

誰かに言われてあなたがなんとなく遅いと考えているのならば

ただ人の考えに支配されているだけです。

以下はインターネット上から拾ってきました。

僕たちを、勇気づけてくれる、良いクオートなので、シェアーしますね。

Today is the last day that we will ever be this young.

You don’t have to control your thoughts. You just have to stop letting them control you.

成功している人たちは必ずこう言います。

何かを始めるのに遅いということは決してない!

今日は、あなたにとって、一番若い日です(笑)

考えを変える必要はない。思い込みをなくすだけ

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

器械運動 逆上がり バク転 タンブリング