身体操作の方法を体操から学ぼう!

FrontPage

a:34482 t:4 y:25

ご存知ですか?

子どもは運動感覚が充分にそなわって生まれてくるわけではないのです。

こども運動カウンセラーの松田です。

画像の説明

体操(子供の運動中心)を教える立場にいて見えてきたものとは?

それは、

①子供の運動感覚の欠如
②肥満
③虚弱な身体

More healthy More strength

昔と比べてどれほどの違いがあるかは公的機関の公式調査を見なければわかりませんが、実感としてかなり問題のあるレベルにあるのではないかと思っています。

子供の運動能力に関しては誕生後の環境や育ち方で大きな差が生まれてくるのではないでしょうか?

幼児期(2才~3才)になると明らかな違いが見られます。

たとえば、何をやるにもやたら慎重なこどもさん。慎重すぎて危なっかしい。

逆にハラハラするほど、大胆な子供さん。運動能力は高そうですがそれほどうまく身体を使えていない

など・・・。

たんに向こう見ずなだけではないでしょうか?

いずれにせよ、どちらのお子さんも身体をコントロールできているわけではありません。

であるなら、子供には多様な運動が絶対に必要なはず。
家に閉じこもりがちなのはできるだけ避けたいですね。

そんななかで、昔からある器械運動をもう一度見直すときがきていると思います。

なぜなら、体操とは、身体をコントロールすることだからです。

しっかりした指導経験を積んだ指導者のもとで、安全に楽しく器械運動を学ぶことは、心身の健康を支えるスキルを身につけることになります。

ぜひ、このサイトでご検討頂き、近くの教室を訪ねてみて下さい!

ビギナーコースへ案内いたします

何歳ぐらいから始めるのが良いでしょうか?

私たちの答えは・・・・

子供がやりたくなったときが一番最適な時期だと思います。

お子さんが、小1~小4で「体操競技」に興味をお持ちなら、
今のこの機会を逃さないようにしてあげて下さい。

やりたいこともできないまま中学生になるのは寂しいですからね。

一般的な答えは「早ければ早いほうが良い」ですが・・・・。

画像の説明

早すぎるというのもどうなんでしょうか?
逆に小学4年ぐらいになると例外を除いて「遅すぎる」という理由で断わる体操クラブがほとんどになるはずです。

 体操競技をはじめるのに「12歳からでは遅い」のか?

結論からいいますね。

12才から始めてもけっして遅くはありません!

体操の技のスキルを習得するためには、早めのほうが有利だともよくいわれます。
もっともな意見ではありますが落とし穴もあります。

幼児や小学生低学年でも身体がガチガチに固い場合や必要な筋力もまったく無い場合がほとんどです。

この身体条件下ではよほどのことが無い限り(意志や夢のちからを伴わなければ)必ず大きな壁の前に夢を「あきらめる」確立が高くなります。

体操競技は、次々に訪れる壁を乗り越えていくスポーツなので「諦める」人が多くなる傾向があります。

トップレベルの選手は決して諦めなかった人たちだ」ということがわかります。

ですから、年齢的に遅いとあなたが決めたのなら、やらなければ良いだけですが、誰かに言われてあなた自信がなんとなく遅いと考えているのならば、人の考えに支配されているだけなので、あなたの人生を歩んでいるわけではありません。

You’re never too old to start learning, and you’re never too young to aim high and achieve great things. (Asa Hutchinson) 

Today is the last day that we will ever be this young.

You don’t have to control your thoughts. You just have to stop letting them control you.

成功している人たちは必ずこう言います。

何かを始めるのに遅いということは決してない!

今日は、あなたにとって、一番若い日です(笑)

考えを変える必要はありません。必要なのは、思い込んでいるあなたの考えを変えることです。

ビギナーコースへ案内いたします

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

マット運動優先方式,体操クラブ,コドモ体育塾,エムトップクラブ,